キャットフードの偏食

人間に好き嫌いがあるように、猫にも好き嫌いがあります。猫と言えば、昔は人間の残飯を食べていることや野良猫は生ゴミの中から食べられるものを漁っているイメージがあるために、なんでも食べると思われがちです。しかし、猫は意外とグルメであり好き嫌いもはっきりとしています。味や食感、匂い、温度といったもので好き嫌いをしっかりと持っていることが多く、その傾向は犬よりも強いと言われています。そのために、買ってきたキャットフードを食べない、とか今までは食べていたのにある日突然食べなくなった、ということもあるのです。

猫が買ってきたキャットフードを食べないからといって、栄養が不足するとか病気になってしまうとかと心配しておやつを与えたり他のものにすぐ切り替えるのは決して良い方法とは言えません。猫は賢いので食べたくないと言えば別のものがもらえるという学習をしてしまうためです。

そこで、猫がただその食事に飽きたのか、はたまたおやつが食べたくて食べないのか、本当に苦手なものがあって食べないのかという猫が食事を残している理由をきちんと理解した上でキャットフードの与え方を考えることが重要なのです。キャットフードも猫にとって必要な栄養を考えて作られているものですから、その中から選り好みせず全てきちんと食べられるものを選びたいものです。そこで、ここでは猫の偏食を治す方法と、食事を新しいものに切り替える際の注意点について紹介をしていきます。